ザザイズム

都内某所に生息する大学生。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや留学記録、旅行記などつづっています。

考えたこと

食べたことのないものの味はわからない。大学を卒業して思うこと。

先日、卒業式を無事に終えました。帰宅後につらつらと考えたこと。「食べたことののないものの味はわからない」ということ。

2017年をざっくりと振り返ってみる

2017年の振り返りを駆け足でしてみます。 正直、今年は「辛抱の年」でした。 思い出すのはしんどい思い出のほうが圧倒的に多い……。

人生が捗らない。卒論も捗らない。

人生が全般的に捗りません。 卒論・卒業旅行計画・入社準備の3大やらなきゃいけないことがそびえ立っているのにもかかわらず。 そのどれもが進捗大いに悪いにもかかわらず。 予定のない時間は大いにあるにもかかわらず。

「ゴッホ 最期の手紙」を観てオランダを思い出した話

出典:https://lovingvincent.com/ 映画『ゴッホ 最期の手紙(原題:Loving Vincent)』を観てきました。 一言。凄まじかった。(最終更新:2017/12/13)

オランダ留学で出会った忘れられない友人の話

留学帰国からはや9ヶ月弱。オランダで出会った今でも忘れられない友人、ハンナ(仮名)のことを書き留めてみる。 ハンナは正規生としてマースに在学しているポーランド人の子。わたしとは授業を通して仲良くなった。スピリチュアリストでベジタリアンで大麻…

ブログ書けない病を発症しているわけ

ブログを2年近く書いてきた中で、最大級のブログ書けない病を発症している感覚。どうしたものかとその心当たりを考えてみる。

わたしはなんだかんだで運が良い

わたしはなんだかんだで運が良い、と思えるようになった。ラッキーな出来事が特別多かったわけではない。とくに意味のない思い込みに近いもの。 それでもこの変化は、ささやかながらも天変地異のようなこと。

個人的な「好き」の大切さ。偏愛マップと5年前の「好き」を比べて気づいたこと

プロフィールに載せている「偏愛マップ」を書き直しました。

ウユニ塩湖にあこがれすぎて行くのが怖い

ここ10年近く、私的行きたい場所ランキングの不動の1位。ボリビアのウユニ塩湖。「大学の卒業旅行はウユニ塩湖」と、大学入る前から言い続けてました。

大学生でいられるのもあと半年な夜に思うこと。

大学生でいられるのもあときっかり半年だということに気がついた夜。今月は30日までしかないということに気づいたし、頭がなんだかすごくぐるぐるしているのが延々と続いているという気持ちの内訳を解かずともただ書き並べてみようと、思った。

「いかにもな日常」ほど意識して残すべき。

オランダで買ったデンタルフロスを使い切りました。なんてことのないデンタルフロス。ルームメイトが同じもので中国語英語表記のを持っていたし、世界各国展開しているもよう。 でも、なんとなく捨てがたくなった。 なぜって、向こうでの「いかにもな日常」…

オランダから帰国しました。飛行機の中で思ったこと。

半年間のオランダ留学を終え、帰国の途についています。日本海上空に来たところで、留学を終えた感想やいま考えていることを書き留めていきます。いろいろありすぎた留学生活を要約するのは暴挙としかいいようがないけれど、 あえて主な2つを挙げるとしたら…

「人生でやりたいことリスト100」つくってみた。去年のと比べてみた。

2017年になったので、「人生でやりたいことリスト」を作りました。ちょうど去年の2月にも同じようなものを書きました。 ブログで公開されている方がよくいらして、影響されたのです。 「人生でやりたいことリスト100」を作ったら本当に実現している件 - まじ…

1秒で浮かぶ願いごとはありますか?サハラ砂漠で流れ星を見て思ったこと。

クリスマスはモロッコ観光の定番、サハラ砂漠ツアーというものに参加してきました。2泊3日で、1〜2日目午後にかけてサハラ砂漠方面に移動しつつ道中の遺跡などに立ち寄り、2日目夕方〜3日目早朝に砂漠滞在。

あえて”ダサい”が強みになる時。デザイン独学してきて気づいたこと。

私の特技・趣味は「グラフィックデザイン」です。 といっても本職ではなくて、趣味の延長線上。ちょっとしたチラシやバナーなんかをそれっぽく作れるくらいの技術。

年末年始の予定すら決まらない私、皆既日食を見られるのはいつ?

今日はもう12月。未だに年末年始の過ごし方が決まりません。 ニューイヤーはどこかに旅行するとだけぼんやり決めて、そこから決まらない。そんな目の前のことさえ決められない私が、皆既日食を見れる日っていつか来るのか。 来年の夏はアメリカで皆既日食を…

約束があるのに一歩も外に出たくなくなる、あの現象

何かの「約束」のために外出しなきゃいけなくなるのに、まったく外出したくなくなる時がたまにある。楽しい予定のはずでも、出かける支度がほとんど終わっても、ドアが異様に遠く感じてしまう。そんな状態。

なんでもかんでも「当たり前」にしちゃいけない

ブログを眺めて気づいたこと。 ぜんぜん留学ブログっぽくない。その原因をつらつら考えつつ思考を発散させてみた。

今までに書いたレポートを読み返してみて気づいたこと

期末レポート執筆中。 「以前こんなこと書いたよな」と過去のレポートを探し回って、 気づいたら過去のレポートをひたすら読み返してました。4年分斜め読み。10万字は間違いなくいってるであろう量。「目の前のレポートからの現実逃避」では済ませられないく…

頭で考えるな、紙とペンで考えろ

期末期間まっさかり。文献の山と見通しの立ちきらないレポートに頭抱える日々。一進一退の日々が続いてます。

ヘルプを出せる強さ。「受援力」の大切さに気付かされた話

ここ数日考えたこと。 自分、ヘルプ出すの下手すぎる問題。

現実のような夢と、夢のような現実と。

ここ数日毎日のように悪夢を見ます。それも、ただの悪夢じゃない。 「現実味」のある悪夢。

白い紙を買おうと決めた。ブログデザインいじり&ロゴ作成中に思い出したこと

夜な夜なブログデザインをいじりました。

移動時間が好きな理由

天皇陛下がお気持ちを発表されているであろう時間帯にこれを書いています。 なんせ今はロシア上空1万メートル。何も情報を得る手段はない。果たして今ごろ、Twitterやら各所がざわついているのでしょうか。

「等身大」の価値を思う。――『「その人にしか書けないこと」が読めるのがブログであって欲しい』を読んで思ったこと

『「その人にしか書けないこと」が読めるのがブログであって欲しい: 不倒城』という記事を読みました。

私は思っていたより「気持ちの切り替え」が下手だった

ちょっと理不尽なことが立て続けに起きて思ったこと。

朝寝の不思議な爽快感ほどカッコ悪いものもない

たまに朝方まで起きています。理由はいろいろ。課題、何かの制作物にどハマリ、なんとなく、などなど。 で、そのあと朝に1~3時間だけ寝ることがよくある。

部屋が片付かない時は「見えないところ」を掃除する

ここ数日、部屋がひっ散らかっていました。 床も机もごっちゃごちゃ。かばん、本、書類、文房具の数々が散乱しまくりというお恥ずかしい状況に陥ってしまいました。

ネットとリアルをつなげるとそわそわする

最近、高校や大学の人に「ブログ読んでるよ!」と言われました。「更新楽しみにしてる」なんて言われるともうありがたい限りです。その一方で、 そう言われるたびにそわそわと落ち着かなくなる自分がいる。

春になると楽になる

春になって、気温が上がって。 春休み中の憂鬱感がびっくりするほど楽になりました。 のどとか胸のあたりにいつもぐっと詰まっていたようなものが取れた。 強烈なネガティブ思考がが和らいだ。 「開き直る」という術がやっと脳内に浮かんできた。