ザザイズム

都内某所に生息する大学生。2016年夏からオランダに半年留学中。

春休みなんて大嫌いだ

f:id:zazaizm:20160209235248j:plain
テストに苦しむこと数週間、やっと春休みに突入しました。
大学入って6回目の長期休み。
当然、開放感がないわけじゃないんです。



ですが、はっきり言います。


私は長期休みが大嫌いです。
一人暮らしをしてからはさらに嫌いになりました。次に人に会う日を指折り数えて死んだ目をして過ごす日々が辛くて。


今日はぐるぐるとその理由を書き散らしてみます。


「何でもできそう」で「何もできない」

こんなに時間があれば「何でもできそう」に見えるのに、「何もできない」自分が強烈に嫌になるのです。

何か思い切りよく、長期間旅行するとか、リゾートバイトするとか、短期留学するとか、手はいくらでもあるでしょう。今まで何回か計画したのです。が、実現しないことが多い。
例えば今年の夏休み。スペインのカミーノ巡礼という、ざっくりいえばお遍路さんみたいなことを9月に3週間半行くつもりでした。もんのすごく楽しみにしてました。しかし、出発2週間前ほどに盲腸で入院手術、あえなくキャンセルとなりました。9月はずっと死んだ目してました。他にも親に反対食らって却下された旅行もあります。

ただ、実現しなかった理由、ほとんどは言い訳でしかないんですよね、実際。
そして、休みに入ってさあ何かやろうと思うともう遅い、ということもあります。春休みに何かしようとしたら、12月とかには動き出さないといけないものとか多い。6回目なのに何も学んでない。





今回もまた言い訳はいくらでもあります。就活準備とか、学期中はずっと忙しかったとか。春休みに絶対外せない用事が入りそうで、いつになるかが正確にわからないとか。それで確定した頃には春休みの予定入れるにはもう遅い頃合いになりつつあるとか。



でも、言い訳でしかない。



その事実をぼんやり一人の部屋で突きつけられ続けているような、そんな気分になって嫌になるのです。
そして、社会に出たらこんな長期休暇そうそうない、なら無駄にしちゃいけないはず。なのに有意義に使えない。失敗ばかり。有意義な長期休みなんて幻想なのかもしれないと思うばかり。



よどむ部屋

最近、気付きました。
部屋の空気が相当よどんでいる。
そんなによどんでいる部屋に毎日のように長時間居続ける長期休み、そりゃ嫌いになるわけです。



部屋にいるとどうも生気が奪われる。
部屋でやる気あふれる自分というのが想像できない。今日は家であれやろうこれやろうと思っても、家に着いたら頭が空っぽになっている。机に座って集中できない。ただのなまけものと化してしまう。
ワンルームで全部手の届く範囲にあることも大きいのかもしれない。勉強机の隣にベッドがあって、振り向けばキッチンもあって。メリハリはどうしても空間的になくなるのは仕方ないのかもしれない。

どうしたら部屋に生気を取り戻せるのかもわからない。
じゃあ部屋を抜け出せばいいじゃないといわれるけど、まずその抜け出す気力が骨抜きになってしまう。そして、抜け出す先もないように思えるんです。充電できて長居できる場所はあまり近所にないんです。

でも部屋のせいにしても結局、しかたない。

部屋でやりたいことがないわけじゃない。読みたい小説、見たい映画、勉強したいこと、全部あるのに、気がつくと頭から飛ぶ。この現象に名前はあるんでしょうか。

大きな予定で一気にスケジュールを埋めるのもわかりやすき「有意義」でしょうけど、こういう何でもない日々を「今日も充実した1日だった」と思えるようになるほうが、私のこの長期休み嫌いを治すにはずっと重要なのかもしれない。





みんなどうやって長期休みを過ごしているんでしょうか。
一人で部屋で過ごす時間も有意義に過ごせているんでしょうか。

ひどくまとまりのない愚痴でしかないけど、ちょっと、もう一度自分の長期休みと向き合い直してみます。