ザザイズム

都内某所に生息する大学生。2016年夏からオランダに半年留学中。

急に暖かくなるとざわざわする

f:id:zazaizm:20160213211456j:plain
生暖かい風を急に浴びると、妙に不安な気分になりませんか。ふつうは3月中旬くらいに吹くあの風の感じ。


今日がまさにそうでした。バイト先から出たら、暖かすぎてびっくりしました。
マフラーも手袋ももっこもこに装備していたのに、拍子抜け。
自転車乗りつつマスク外してマフラーゆるめたら生暖かい風が顔に直撃してきて、
すごくざわざわしてきて、ちょっと泣きたくなりました。




この間は春休み嫌いなんて言ってましたが、ここ数日もう嫌いとかいう次元じゃないです。
好きとか嫌いとかそんなこと考えている暇がないほど忙しかった。
zazaizm.hatenablog.com
半ば意図的なものです。忙しくしてしまえば落ち込む暇もないだろう、ほどほど忙しいほうが日々やる気が出るだろうと思ったのです。
ただ、予想を遥かに上回る忙しさでさすがにちょっとつらい。



忙しいとはいえ、少し時間があると、やっぱりまた春休みの過ごし方を考えてしまいます。
そして、残りの大学生活の過ごし方を考えだして止まらなくなります。
次は大学4年生になります。そして、4年冬に留学出発、そして5年目やって卒業、って形です。頑張れば4年卒業もできるとは思うのですが、卒論とかが相当シビアになるのと、このままストレートで卒業するのは早過ぎると思ってしまったのもあって5年目突入させてもらうことに。

4年生から半年留学ってマイノリティです。時々とんでもない間隙に取り残されたような気分になります。
同期はがっつり就活モード。この春に留学から返ってきた人も、これから1年行く人もいる。私より早く社会に出る人々と、私より長く行って長く揉まれてくる人々とに挟まれて。
ものすごい焦りが不意にこみ上げてきて、でも行動が焦りに追いつかない。

どう行動すべきかという候補はバーッと挙がるけど、そのどれが最適なのかがわからなくて。
何も行動しないという最悪だけは避けたいけど決めきれなくて優柔不断が爆発してます。



「自分の人生に自分で責任を持つ。
たとえが何が置きても、最悪の事態であったとしても受け止める覚悟と、
その上で『何とかなるだろう』という精神。」
f:id:zazaizm:20160213211754j:plain
私が年末年始にいろいろ考えた結果出てきた抱負のようなもの。しばらくホワイトボードに書いて貼ってました。
こんな感じでこすれて、結局消してしまいました。
でも、改めて思い出さなきゃいけないのかもしれない。

そんなことを考えてたら、不意打ちに暖かいから余計にざわざわしてしまった。
それだけの話。






最近炭酸抜けたような話しか書いてなかったから、今日はちゃんと楽しい話書くつもりだったのに。全部風のせいだ。
明日はもうちょい楽しい話書きます。