ザザイズム

都内某所に生息する社会人1年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや留学記録、旅行記などつづっています。

ブログの書き方を忘れてしまった

f:id:zazaizm:20181016230101j:plain:w600
ブログの書き方がわからなくなった。

ブログ始めた頃は、何でも書きたくなった。留学前という宙に浮いたような時間と、ほどほどの不安感と。旅行も一人暮らしも留学も、なんでもコンテンツに溢れすぎていた。文章書かずにはいられない日々だった。
今となっては、夜な夜な文章を書かずにはいられない衝動にも久しく駆られていない。





ふと、時々途切れ途切れにDiaroに書き付けていた日記を読み返してみた。


去年はだいたい精神が荒れていた。「辛抱の年」だった。

www.zazaizumi.com

就活はひどく、卒論も苦しく、旅行も資金繰りが上手くいくか不安は尽きず、4月からの会社のことは考えたくなく、この先学生生活よりも良き日々が来る気もせず、3,4時に寝て11時に起きるような日々。曜日感覚は図書館の開館時間と週一回のゼミだけで保っていた。今日も明日も明後日も時間がある。それゆえに時間の使い方は全て自分の責任になる。しかし何もできない。そんな日々。ちょっと外へ出ようにも、卒業旅行資金のカツカツさを思い出し足を止めてしまう。そんな日々。ブログにも書けなくて、手元の日記に殴り書くしかできないような日々。

けれども、
あの頃のの苦しみをけろっと忘れてしまっていた自分に気づいた。苦しみの存在は記憶にあるけど、そのディテールはさっぱり記憶から抜け落ちている。



なんで、あの頃の煩悶がけろりと抜け落ちたんだろう。

時間の使い方の変化

何はなくとも週5日、1週間の大半を仕事に費やしていたら、残るは平日朝夜と休日の時間。学生時代に比べたらずっと小さな時間。でも、時間が限られているからこそ、「自由時間が多すぎて何に使えばいいのか優柔不断になり、結局何もできなくて自己嫌悪に陥る」という学生時代あるあるのパターンには悩まなくて良くなった。ほどほどに忙しいほうが、隙間時間も使おうという気持ちになる。余計なことを考えないで済む。結果として充実感が出やすくなる。


仕事はそこそこ順調

今の仕事にはひとまず恵まれているほうだと思う。焦りや不安や細々した不満がゼロとはいかずとも、人間関係や環境に対して致命的な不満や違和感は今のところない。通勤時間帯が後ろめにシフトして朝のラッシュピーク避けられてるのも大きい。


プライベートの平和

一番精神安定に寄与しているのは、春からお付き合いしてるお方がいることだと思う。
自己嫌悪ループに陥った去年に比べたら、何はなくとも私の味方で心のつっかえ棒でいてくれる人がいるという事実の強さはすさまじい。



副作用

去年はあまりの空虚さと自己嫌悪感の突き上げで手が止まった。
今年は平穏すぎて手が止まった。

そうこうしているうちに、zazaizumi.comドメインの更新期限のお知らせが届いた。
このドメインにこれから何をつづっていけばいいのか。宙に浮いた気持ちはそのまんまです。




◯今日の過去記事◯
www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com