ザザイズム

都内某所に生息する社会人1年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや留学記録、旅行記などつづっています。

前を向きつつある最近の話


魔の3月を抜けました。
4月も荒ぶる気温差と気圧差に翻弄されて、元気と停滞を繰り返しています。でも、確実に3月より前向きに進めていると思う。




胃はほぼ復活して、体の鈍重さも気候が良ければマシになった。
ようやく次の仕事も本格的に始まった。変わるというのはいつまでも慣れないもので。おおそれたことは何もしていないのに疲れの出やすい日々を過ごしている。
でも、予想以上にいろいろ学ぶ機会の多そうな、もしくはそれを自分で作り出せていきやすそうな予感がしている。去年1年でスキル面で足りないことしかない、伸び率も悪い……と思っていたので、そのぶんバンバン勉強してバンバン仕事にフィードバックしていきたい気持ち。


一人暮らしも本格的に始めようという気持ちになった。とりあえずゴキブリの出る前に引っ越すのを目標にしている。遅くて7月くらい。

彼氏さんは今、資格試験の勉強真っ最中。ということで、休日まる一日会うようなことはちょっとの間お預けにすることにしている。そのぶん私は容赦なくかつてから無限に先延ばししてた事柄をどんどんこなすことにした。

物件探し。
脱毛探し。
ペーパードライバー脱出。
服・化粧品類の買い換え。
技術ブログの立ち上げ。

全部はできなくても、どれかは達成したいな。



10年後どうなっていたいか

先日、10年後には自分はどうなっているだろう、と考えてみた。

それも、2通り考えてみた。


1つ目は、いまの延長線上。順当に暮らしたら10年後どんな自分になっているだろうか、と予想してみた。
10年後は三十路で、それなりには生命維持して、もしかしたらなんとか家庭を維持して生きているかもしれない自分。

2つ目は、妄想の詰まった理想像。
1年後の自分を妄想できなくても、10年先ならどうとでもなるもので。まったく荒唐無稽で都合の良すぎる理想像を書いてみた。
とはいえ火星に行きたいとかそういうレベル感のことは書いてなくて、見聞きしたことのあるいろんなすごい人のいいとこ取りの魔合体、といったもの。

その荒唐無稽理想が実現するとしたら、5年後はどうなっているだろう?と考えてみた。そうしてみると、思った以上に次、どこに何をどう向かったらいいのが浮かんできた。
その大半は自分がぼんやりやらなきゃな、と思っていたことばかりだけど、その先がもしかしたら荒唐無稽につながってるかもしれないと思うと見え方が変わった。



悪い失速グセ

こうやってワクワクした後に陥りがちな私のクセ。
「やってみたい、こうしてみよう」と思った次の一歩を放置しがちなこと。
そうすると、「やってみたい」があっという間にタスクリストの負債として滞留してしまう。

なんでそうなるんだろう、と考えると
「時間の使い方」に尽きるんだろうと思う。
やることを増やすためには、時間の使い方を変える必要があって。
何か他のことをやめたり、時間を短くしたりする必要がある。

今やりたいことはどう考えても、スキマ時間ではこなしにくい事柄ばかり。通勤時間にやるには無理か圧倒的に効率の悪い事柄が多い。このブログはスマホで書けても、技術ブログとかPCに向かわないと書きにくすぎる。

もしくは、さっさと拠点を動かして確定してから始めるべき事柄が多い。通院とか。

そう考えると、やっぱり引っ越しを第一に置こうという気持ちになっている。




お金のこと、自分のこと

そのために、収支の計画をやり直している。
1年目の貯金に甘えて家賃高めでも利便性に徹底的に投資するか?
妥協ラインを探って順当に生きていくか?

通勤場所がまた数ヶ月先には変わるかもしれないし、
彼氏さんと一緒に住むことになるかもしれないし、
不確定要素はいくらでもある。

1年目としては悪くない程度に貯金を積み上げたけれど、その分いろんな使い道の選択肢がうようよとある。

だからこそ、
7月までの目標は「自分と、自分の好きなものと、自分の時間を大切にするために投資を惜しまない」かな。

そんな感じで、またやってこうかなと思う。


今日はこのくらい。




◯今日の過去記事◯
www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com