ザザイズム

都内某所に生息する大学生。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや留学記録、旅行記などつづっています。

2017年8月のアメリカ皆既日食、個人で行くには?早めの準備が肝心!

f:id:zazaizm:20160915234329p:plain:w800

2017年8月21日、アメリカ横断皆既日食まで1年を切りました。
zazaizm.hatenablog.com
アメリカ大陸横断で広範囲にわたって見られ、しかも気象条件も抜群。前代未聞の好条件。

実際の観測スポット、交通手段など含めたプラン立案に参考になりそうな情報を集めてみました。



プラン案

0.日本発着ツアー

ここ数ヶ月でぼちぼち情報が出回りだしたみたい。
調べてみたらぶっ飛んだ。

セブンカルチャーネットワーク 9日間 748,000円〜
クラブツーリズム 6日間〜 770,000円〜

高い。

高いの一言。

もう少し安くて日程の短い弾丸プランもこれから出てくる可能性はあるだろうけど、それにしたって高い。

というわけで、なるべく自力手配で現実的な価格で行く方法を調べてみました。




1.レンタカー

レンタカーといってもいろんなパターンがある。

  • 普通車 or キャンピングカー
  • ホテル泊 or キャンプ場車中泊 その他場所での車中泊
  • 皆既帯*1直下宿泊 or 皆既帯近く宿泊
メリット

◯フレキシブルに動ける
皆既日食は天気が命。
いくらカラッカラのアメリカの8月とはいえ、ハリケーン襲来で天気急変の可能性だってある。
天気予報を見て天気の良い方へと動けるのは強み。

◯開けた場所で観測できる
国立公園とか、車で訪れること前提の場所。というよりアメリカ全体が車前提なのだけど。


留意点

◯交通渋滞
最後にアメリカで皆既日食があったのは1979年。
皆既日食がアメリカ大横断するのは1世紀近く前のこと。

というわけで何が起こるかは誰にもわからない。
大渋滞だってありうる。

There’s no way to predict what WILL happen on Eclipse Day, 2017. But unless the word spreads and the American populace becomes informed well in advance, what CAN happen is a “Category 5” crowd event from coast to coast.


皆既日食の日に何が起きるかを予測する手だてはない。しかし、このことが周知されアメリカ国民が事前に情報をしっかり得ていなければ、太平洋岸から大西洋岸まで最大級の混雑が発生するだろう。)

出典:The American Eclipse Traffic Jam??? | American Eclipse USA

余裕もって早めに皆既帯に移動するプランを立てておいたほうが良さそう。
 


◯ホテル予約
皆既日食直下のホテルはもうすでに満室が出始めてるとか。
皆既帯の幅は約110km。そして大半は中小都市。全米&世界の宿泊客を受け入れきれるほどのキャパはないだろうことは想像つく。

皆既帯直下でちょっと大きめな都市となると、コロラド州セイラム、テネシー州ナッシュヴィルあたりでしょう。こちらもBooking.comで検索したらすでに満室のホテルも出始めてました。


代替案。
皆既帯の近くに宿を取って、当日にベストポイントめがけて移動。
皆既帯近くで大きめの都市は

などが挙げられる。



◯キャンピングカー停泊場所
ホテルの代わりに車中泊という案もありうる。
場所としてはキャンプ場が最適でしょう。

キャンプ場によっては皆既帯の直下にあるものも。
例えばこちらはコロラド州皆既日食見れる地域付近キャンプ場まとめ。
2017 Solar Eclipse - Oregon State Parks and Recreation

先着順なものと、要予約なものがあります。コロラド州の場合予約は9ヶ月前から。つまり11月にはクリック戦争必至でしょう。

キャンプ場以外に泊まるとしたら、ドライブイン(truck stops)や
州名に「boondocking」や「dry camping」といった用語を加えて検索してみると情報が出てきます。
参考:
California: RV - Do we have to stay in a campground? - TripAdvisor



2.公共交通機関活用

飛行機・バス・電車で皆既帯下の駅まで行けさえすれば見られます。
コロラド州セイラム駅、ネブラスカ州ヘイスティング駅、サウスカロライナ州コロンビア駅、などなど。

こちらのサイトには見られる駅や空港について詳しくまとめられています。必読。
2017年8月21日 北アメリカ大陸横断皆既日食
正直このブログ記事よりこちらのサイト見たほうが断然良い。


たとえばセイラム。
皆既日食時間1:54と短めだけど、晴天率は非常に高い。

アクセスが比較的良好。
ポートランド空港からユニオンステーション(Union Station)まで電車で約50分。
ユニオンステーションからアムトラック(Amtrack)で1時間20分。

Amtrackは11ヶ月前から予約可。
つまり、皆既日食日朝のクリック戦争は2016年9月21日(アメリカ時間)開始。一瞬で埋まる予感しかしない。



3.現地ツアー参加

アメリカ国内発着のツアーに参加するという手もあり。
「solar eclipse 2017 tour」「solar eclipse 2017 trip」あたりの単語で検索すると出てきます。
一週間前後の観光セットで3000ドル〜4500ドル、30万〜45,6万近いものが多い。
安くはないけど、航空券代別に考えても日本発着ツアーよりは若干安くなるはず。
ただし、既に売り切れてるものや、要問合せなものも多いので要注意。

検索した中で最安だったものはSirius Travel「Solar Eclipse Day Trip from Denver or Boulder」。200ドル(約2万円強)の日帰りツアー。
コロラド州デンバー(Denver)またはボルダー(Boulder)発、ワイオミング州皆既日食観測。デンバーには国際空港あり。

この手の日帰りツアー、もう少し増えてほしい限り。












他留意点

日食グラス

直視すると目を傷めるので必携。

日本でも確か金環日食直前は品薄になったり高騰してたりしたはずだから事前入手が良さそうかも。
ただ、アメリカだったらとんでもない物量で売りだしてそうな気もする。


ESTA申請

アメリカに90日未満の観光滞在であればビザ不要。
その代わりに必要なのがESTA(エスタ)申請。
アメリカに行くなら、なるべく早めに取得しよう!ESTAの申請方法 | TRiPORT(トリポート)
これを忘れると飛行機に乗れない、入国拒否など悲しいことになりかねないので注意。





参考サイトまとめ

英語サイト

当たり前だけど英語検索のほうがざっくざく情報出てきます。
「Total Solar Eclipse 2017」「Solar Eclipse 2017 usa」などのワードで検索すべし。


NASA - Total Solar Eclipse of 2017 Aug 21

Total solar eclipse of 2017 | GreatAmericanEclipse.com — Total solar eclipse of Aug 21, 2017, the Great American Eclipse

Eclipsophile | Climatology and weather for celestial events
気象条件の解説が充実。

Make Your Plans Now for 2017's Total Solar Eclipse | Travel + Leisure
観測おすすめスポット+関連イベントも併せて紹介されています。




早めの動きが肝心

右を見ても左を見ても予約クリック戦争の予感がそこいら中にします。

皆既帯まで行けさえすればいいとはいえ、前代未聞過ぎて何が起こるかわからない。
何にしても早めの動きが肝心そうです。


参考になれば幸いです。

*1:皆既日食が見られる帯域の幅