ザザイズム

都内某所に生息する大学生。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや留学記録、旅行記などつづっています。

人生が捗らない。卒論も捗らない。

 f:id:zazaizm:20171228232959j:plain:w600
人生が全般的に捗りません。


卒論・卒業旅行計画・入社準備の3大やらなきゃいけないことがそびえ立っているのにもかかわらず。
そのどれもが進捗大いに悪いにもかかわらず。
予定のない時間は大いにあるにもかかわらず。


なぜ捗らない

時間が大いにありすぎるのが悪いのかもしれない。

あとゼミが数回ある以外は大学関連の用事はない。定期バイトもない。いつになく、間違いなく羨ましいくらい時間は山ほどある。

しかし、時間がありすぎると日常の中に切れ目や区切りがなくなる。区切りのない時間を扱うのはかなりの困難。そんなことこれまでいにいくらでもあったはずなのにな。

大学受験を独学で乗り切ったのは5年前。
www.zazaizumi.com
その頃は毎日の学校でまず生活リズムの強制セット。加えて、数値目標を作りやすかった。過去問何年分とか、これとこの問題集何回分だとか。



卒論が捗らない分析

いまいちばん深刻かつ切実なのは卒論。

大学受験時みたいに目標を指標化しにくい面はある。それでも、あと何文字とか何章とかいろんな指標はあるはずなのに、なんだか進まないのはなぜか。



最大の原因は、やるべきことの全体像が見えにくいから。
本当は見えていて、書き出しているはずだが、タスクの分割がおそらく甘い。しかも、細部につまづいてなかなか全体として前に進まない疲労感がある。

そういうときに必要なのは、「一周すること」なはず。

アウトラインに沿って文章に立てて立てて立てまくる。雑だろうとなんだろうと一周してひとまず形にして、そこからさらに精緻化する。「内容を書き並べる」と「文章を磨き上げる」ことは並行してできたもんじゃない。少なくとも私にとっては。
それこそブログみたいに何も考えずに吐き出しまくったときだって、あとから吐き出した文の順番を入れ替えたり削ったりすることはいくらでもある。それと同じことをやること自体はわりと苦にはならない。はず。



それなのに。進まない。

なんだか「日中から集中しきってバリバリタスクをこなしまくる自分像」というのが頭に全く浮かばなくなってしまった。いちばん作業が捗るのが夜。頭が一番冴えるし、静かだし、「どこで作業しようかな」「あそこ行きたいな」なんて選択肢もなく家にいるしかないような夜はほんとうに無からの生産が捗る。
それ、単に日中のだらけぶりを取り返そうと「睡眠」って締め切りタイムを前に焦っているだけじゃん。と思う。けど、それでも日中は頭がズシンと重くて重くてつらい。んなこといわずにコーヒーでもココアでもキューピーコーワゴールドでもなんでもキメてやれやという状況のはず。


現に今いちばん落ち着いて物事が捗るのはお風呂場。風呂蓋半分くらい閉じて、本読んだり、文章打ったり。この文章もスマホと外付けキーボードを風呂蓋に乗っけて書いている。面白いくらいこれが捗る。卒論の断片も書ける。悲しいのはiPadの画面が割れてしまったこと。流石に水場に持ち出せなくなった。文章うつとか何かの生産作業するには最低限良いデバイスだったのに。MacBookはさすがに風呂場に持ち込むのはためらわれるし。ほんとうはスマホもよろしくないはずだけど異様に頑丈なので使っている次第。外付けキーボードも打鍵感が好みじゃないのであまり多くは使ってないけど、思考吐き出すにはやっぱりフリック入力よりも物理キーボードのほうが捗る。

 

話を戻して。全体像が見えにくい話。
卒論にあたってやるタスク一覧を何度も作ろうと試みてはカオスになっている。あまりにも多すぎる。優先順位の付け方が下手。一言で言えば「とにかく書け、話はそれからだ」につきる。
とにかく書け、とは、どういうことなのだろう。

  • 章立てが決まっている
  • 章の頭に章の方向性を示す段落がある
  • 各章・節・項で言いたいトピックがわかる
  • トピックを支持するセンテンスがある
  • トピックを支持する引用文の元が決まっている
  • トピックを支持する図表が決まっている
  • 必要に応じて章節項の終わりに次につなげるまとめ・要約文がある


とにかく書く段階でいらないことは逆に何だろう。

  • 図表がバッチリきれいに整っている
  • 文章を書く中ですぐに引っ張り出せないが場所はわかる引用文を引っ張り出して成形する
  • 参照文献の年などの情報がバッチリ揃っている
  • 文章の大筋に影響しないが、不正確で思い出せない辞書的な詳細情報を調べて確度を上げる
  • 文章表現がしっくりいかないところを整える

上記の部分は★マークでもWordのコメント機能でも使って「あとでやる」とすればいい。

 


章節項分けは決まっていて、その数で単純に予定時間を割って今日はどのくらいやればいいかわかる。大まかすぎるけど、ないより全然わかりやすい!そしたら受験期の参考書や過去問をこなすのと変わらない!変わらない!1日が24時間なのも、締め切り日も、変わらない!



自分を信頼しすぎだし、信頼しなさすぎ

こんな初歩中の初歩すら確認しないといけないくらいになっている。それはなぜかっていうと、一方では自分を信頼しすぎていて、もう一方では自分を信頼しなさ過ぎたんだな。


「なんだかんだでいつかは火点いて仕上げられるやろ」という将来の自分を信頼しすぎていて。
「昨日も捗らなかった、もう今日も捗らない自分になる未来が見えている、バリバリやることこなせる自分なんていないんだ」と今の自分を信頼しなさすぎていて。



いや、将来ゆーて一ヶ月もない将来の自分やで、将来も今もない、ただ今の自分がいるだけだ、その延長があるだけだ、それをダメ人間っていじめたおして虚無ってたらまじでどうしようもない。ブログやらバイトやらで合計ン万字書いてきた自分、レポートもン万字日英で書いてきた自分、そんな自分が卒論の一つも書けないで誰が書けるねん!!!!!



と、脳内をそのままストレートに吐いただけの文章でした。大晦日までわずかだけど、しかも単発でバイトあるけど、どれくらい進捗産めたか大晦日の帰りあたりには報告したい。


以上、人生が捗らないといいつつ卒論が捗らない叫びでした。


今日はこのくらい。
 

○今日の過去記事○
www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com