ザザイズム

都内某所に生息するSE3年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

インテリアで知りたいのはこだわり方より妥協の仕方

引っ越しに備えてインテリアを今からどうしようか考えています。物件も決まらぬうちから取らぬ狸のなんとやら、まず物件決めろって話ではありますが。どうしてもこだわりたい。

なんで今から考えているかというと。一言でいえば、反動。


今いる実家の自室がまったく気に入っていません。色やテイストの統一感といった概念はゼロ。もとからあるものがそのままバラバラと置いてある。そしてそんな部屋を、「そのうち引っ越すのにこだわるのはもったいない」というデモデモダッテな言い訳でずっと放置していた。しかもそんな自室で在宅勤務して大半の時間を過ごしている。

一方で、私の理想の部屋のイメージがあること。
部屋に思いっきり、ターコイズブルーがほしい。人によってはミントグリーンとか、ティファニーブルーと呼ぶような色。

この絵の背景っぽい色味。
f:id:zazaizm:20160128161813j:plain:w400
壁と自転車と私のあこがれ - ザザイズム



イメージ写真でいえば、こういう色味。

f:id:zazaizm:20210508230429p:plain:w300

f:id:zazaizm:20210508230432p:plain:w300


一昨年に片づけ祭りをしたあたりで好みを自覚しました。「片づけの前に理想の部屋のイメージ写真があると良い」とのことで探しだしたテイストがこんな感じ。ターコイズブルーをメインカラーに、その他はどちらかというと白っぽいトーン+アクセントカラーに揃える感じ。2枚の写真の中間とでもいうか。




しかし、この理想の部屋。難易度超高い。
見ての通りめっちゃ海外系インテリア。日本、しかも賃貸で丸きり再現はほぼ不可能。




せめて、どこか一面の壁だけでも私の好きなターコイズブルー系の壁紙を貼りたい。

それに合わせてその他の大物家具はホワイトか温かいグレートーンの家具で揃えられたら最高だなぁと思うのですが。そんな家具って少ない。

特に家電とか作業用椅子とかの実用品系。ちょっと見渡しただけでもディスプレイにチェア、ドライヤー、電気ケトルが真っ黒。チェアは在宅勤務のために長時間座るもので、座り心地は外せない。けれども、私に合う座り心地とデザインを両立するような高機能ホワイト系チェアとかほとんどないだろう。ゲーミングPCなんかもほしいけど、白とターコイズブルー基調の部屋に馴染むものはおそらく存在しないだろう。おまけに日本の賃貸のほとんどはアルミサッシが黒黒と主張しまくる。そりゃこんなトーンの部屋を日本の部屋で再現したらどうなるかなんてイメージ画像は探せど見つからないわけだ。

頑張って合う家具家電を探して買い替えるか、DIYに手を出して塗り替えるか、合わないものをひたすら隠すか。全部は無理にしても、せめてよく目に入るエリアの色周りくらいはなるべくこだわりたいなぁ。なんかやっぱり諦めてダークなトーンにそろえてシックにしたほうが良い気もする。




いくつか日本のインテリア雑誌を見てみた。けれど、なんかピンと来ない。私の理想中の理想はそもそも広い持ち家と湿気や地震のない気候がないと実現できないようなものなんだろう。

海外インテリアのイメージ写真とか見るのは楽しいのですが。日本の住宅事情という基礎体力が徹底的に欠けているよなぁとおもってしまう。雑な印象で言うと、元から空間と大物家具でデーンと勝負する海外と、それが許されないからぬくもりある木の棚に細かい雑貨をちまちま並べたりマスキングテープ駆使してパーツパーツ詰め込んで演出する日本、みたいなイメージ。ちょっと偏見っぽいけれど。ホワイト寄せた部屋イメージだと韓国風インテリアのほうが日本の住宅だと参考になるかもなと思いつつある。




コロナ禍を経て家の関心ポイントも変わりつつある。私がこの頃日々を過ごすのはPCの作業デスク周り。デスクのインテリア構成を詳しく学びたい、日本のたいていのインテリア本には大して書いていない。あまりにも人それぞれすぎるんだろう。しかも実用性とデザイン性は概してトレードオフ。書斎と称して出てくるチェアがおしゃれ過ぎて長時間作業なんて絶対ムリ。こんな硬い座面絶対腰やられるわ、って思ってしまう。作業用部屋とその他の部屋を思い切り分けて雰囲気も丸切り変えてしまえばいいのかもしれないけれど。部屋数的にきつい可能性大。あぁ悲しい日本の住宅事情。




やっぱり完璧は無理だ、ってなった上で。その上でなるべく部屋にいる時間が快適で楽しくなるためにはどうしたら良いのか。
今ある願望や条件をちょっとまとめてみる。

  • 好きな色は使いたいしそれを活かしたインテリアにしたい
  • でも作業環境の快適さも譲りたくない
  • THE・ニッポンの賃貸な部屋からスタートする
  • 広くない部屋に持ち込める家具だけで実現する
  • DIYしても賃貸でできる範囲で実現する

欲張りやなぁ。というか無理難題だわ。

だからこそ、知りたいのは上手な「妥協の仕方」であって。それは完璧極まりないお部屋のイメージ画像をいくら見たところでわからない。

「賃貸だから永住はしないのにあまりこだわっても」と考えられなくもないけれど。「長くは住まないから」という理由で実家の自室をハチャメチャにしたままにしてしまった衝動ですね。100点は絶対無理な中でもなんとかあがきたい。少なくとも「安いから」と目立つ場所にホムセンのプラスチック収納ケースを何も考えず置くような滑り出しにはひたすらしたくない。

せめて、目が覚めたら日本のアルミサッシがぜんぶ樹脂サッシに変わっててくれないかなぁ。住宅の質については前に勉強する機会があり。こればっかりは日本ちょっとつらいなぁと思うことしきりなのです。



そんな、ないものねだりばかりを悶々と考えております。


今日はこのくらい。





○今日の過去記事○

www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com