ザザイズム

都内某所に生息するSE3年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

居場所のない感じがずっと続いている話

初めて来るカフェにいる。自転車10分くらいの距離。おしゃれで、人がいっぱい。

でも、ここでさえ居場所じゃないような気がする。カフェイン弱人間にとっては豊富な種類のコーヒーを全スルーせざるをえない。ノンカフェインコーヒーはなく、ハーブティーがあるのは嬉しいけど家でも飲めそうなタイプだなと思ってしまい。結局少しのカフェインを許容してチャイを飲んでいる。美味しいけどね。寝れるかな。



ここらへんには驚くほどカフェが少ない。あるのは本格派コーヒーを出すオールドスタイルの純喫茶。カフェイン弱い民にはことさら行きづらい場所。あとは自転車でもけっこう遠くて狭い場所ばかり。

引越し前はファミレスによく行っていた。いつも空いているし、ノンカフェインやちょいカフェインのお茶を安くバンバン飲めるのが気に入っていた。でも今の地ではファミレスはどう見てもファミリーのもので。ピーク時間帯外しても長居には不向きだろう。

数駅下った先のコワーキングスペースでも月数回行ってみようか迷っている。思いの外安く、平日でも電車の混みづらい方向。しかも気になる飲食店もいくらか近所にある。気分転換の課金としてはアリだろうか。出勤したいというわけかというとそうでもないかとは思うけど。週1くらいはあったほうがいいんだろうとは思う。

だからこそ家を一番快適な空間にしたいと思っているのだけど。燃え尽きている。やっぱり窓のない中和室の行灯部屋、いくらリビングとの敷居をほぼ開け放ってると言っても淀む気がする。乾燥してきたしアロマディフューザーでも買うか、いっそAtmoph Windowでも買って疑似窓でも作るか。





多方面に燃え尽きていて、体調はスッキリせず、居場所のない感じが続いている。やるべき勉強がある。キッチンの引き出しのカオスを収納商品で整えるために寸法の計測をしたい。押入れの改造が半端に止まっているのを進めたい。あまり着ない服を断捨離したい。寝具を買い替えたい。

でも、物事の悪いことばかりが目につくようになった。
AliExpressの独身の日セールは全く肩透かしで何も買わなかった。通販で買いたい収納用品いろいろリストアップしている割に、最終チェックの寸法計測が止まっているから何も進まない。頭のぼんやり感への処方箋はそれなりに持っているはずなのに、ひとつも手が付かない。文章化、瞑想、筋トレ、VRエクササイズ、散歩、掃除、ちゃんと寝支度して寝る。それができない。

歯列矯正治療はなかなか成果が目に見えない時期が続いている。おそらく人一倍くらいかかっている。埋まった歯を出すための処置で大口開けられない。笑ったり口を横に引くと痛い。頭痛がする。痛み止めを飲むと眠くなる。眠くなる成分は入っていないはずなのに。たぶん痛みで体力使って目が覚めているのがなくなるとぼんやりしてしまうんだろう。物理的な痛みは物理でそれまでだからまだましとは思うけど。頭痛だけは精神道連れでちとつらい。



集中力も壊滅している。頭痛周り、それに伴う寝落ちの悪循環、常に体調が悪くてそのくせして開放された夜になると夜ふかししたりする。いくら夜型とはいえちょっとひどいと思うことがある。

解決策はいくらでも思いつくのに、なぜそれを実行できないのか。やる気を理由にしている限りは無理で、環境を変えるなり強制力がないともうどうしても変わらないくらい落ちているのかもしれない。環境を変える努力がやる気に依存しているというか。やる気に依存しなくても変わる環境というのがあればいいのだが。







人酔いがすごくなった。出かけると本当に疲れる。せっかくいろんなところに出かけやすい場所なのに、人酔いがひどくて一日中家にいたくなる。でも一日中家にいると淀む。人のいない外、がない。

そんなことを言いつつなんだかんだでこのカフェには長居していた。最良かはわからないけれど、すくなくとも家ではできていなかったであろうことをできたことは確かなのかな。物事の良い面に目を向ける力も異常に落ちている。そこをちゃんと拾えないと多分何をどうしたって、いい方向に向いたって、主観が変わらないかぎりは現実がいくら変わろうとも落ちたままになるんだろうな。



特に何が変わるわけではないかもしれないけれど、今日はこのくらい。