ザザイズム

都内某所に生息するSE2年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

情報の荒波を泳ぎすぎるな、もっと潜れ

f:id:zazaizm:20191117214544j:plain:w600
先日、思い立ってTwitter断ちをしました。全部のデバイスからログアウトし、アプリも削除。

そうしたら、驚くほど心穏やかになった。



きっかけは、無駄な夜更かしがやめられなかったこと。夜更かしは恐ろしく楽しく、恐ろしく毒だった。緩やかな自傷のようなものだった。

そんなある日、ふと疑念が湧いてきた。

「果たしてここ数日、夜更かしから得られたことって何?」
「それは本当に自分の行動や思考に影響を与えるものだった?」

夜更かし悪化の一端を担っていたのがTwitter。確かに便利なTipsや、いつも楽しみにしているツイッタラさんの話も見たいけれども。
デメリットのほうが大きすぎるんじゃなか。そう思ってTwitterを断った。


そうしたら、夜更かしがパタッとなくなった。

時間が増えた。増えた時間は読書や文章を書くのに当てた。
せっかく契約しているからとKindle Unlimitedの本をどんどん読み始めた。
しばらくサボっていた瞑想も再開した。寝るのが早くなった。本屋に寄るのが楽しくなった。
一気に心身の調子が楽になった。

代わりにFeedlyのRSS購読を使うようにした。厳選したサイトの最新情報だけが流れてくる。仕事関連と、航空券関連と、いくつかのブログ。
本当に必要なものしかない。勝手にフォローした情報以外をレコメンドされることもない。常に一定した情報を一覧で見られるのは思った以上に便利であり、精神的にも良い。

読書も同じ。大抵の本は何らかのテーマに沿って綴られる。140字ごとにコロコロ話題が別物にはならない。ひとまとまりの物事を辿る楽しさを思い出した。
紙の書籍やオフラインで読める電子書籍にすれば、ネットの調子に心乱されない。通勤中数箇所あるネット普通区間でも、定期的に切れたり200kbpsしかでなくなる実家のWiFiにも関係ない。





思うに、Twitterはコントロールできないノイズが多すぎる。
フォローはコントロールできるけれども、問題はそれ以外のノイズが多い。誰かの「いいね」ツイートが刺々しいものであったり。トレンドが知る必要のないような事柄だったり。


タイムラインを追うのは荒れる海でクロール泳ぎしているようなもの。
いろんな方向からありとあらゆる情報の波が絶え間なく情報が流れ込んでくる。広く浅く、水しぶきを立てながら格闘する。

本を読んだり文章を書くのはダイビングをしているようなもの。
1つの事柄に深く潜り込み、しばらくの時間を過ごす。

f:id:zazaizm:20191117214544j:plain:w600


私の思考様式としては、どちらも必要なんだろう。
けれども、ネット社会ではうっかりするとすぐ水面で溺れかける。潜る気力も吸い取られる。

それに、行動や思考を良くしたいなら、深く潜らないといけない。過去を振り返っても、自分や生の他人向き合う時間が一番自分に影響を与えてきた。次点が本。
水面でもがくことで得られることはそんなに多くはない。

そんな気持ちがする。






結局Twitter離れが続いたのは10日間くらい。

戻った一番の理由は検索機能。
誰かの口コミ的な等身大の情報を調べたいことがよくある。Yahoo!リアルタイム検索だと遡れなかったり、引用RTで埋まったりと不便。ログインしなければ時系列の検索ができずに不便。でも、検索部分だけのためにログインするなんてこともできないから、ノイズの海にまた飛び込んでいた。
余計な機能の少ないサードパーティ製アプリを探すとかしたほうがよさそう。

もうひとつの理由は、Kindleアプリのバグ。
横置きにすると勝手に二段組になり、非常に読みにくい。せっかく没頭できていたのに大いに読みにくく興ざめしてしまった。1ヶ月以上直っていないバグのようで、縦書き圏軽視を感じる。古いKindle Paperwhiteを取り出して凌ごうかと思っている。




そうして少しずつ情報量が増えていくと、また精神に荒波が増えている感覚がする。

「荒波を泳ぎすぎるな、もっと潜れ。そのほうが穏やかで、見えるものもたくさんある」
そうやって自分に言い聞かせたい。


そう思ったのでした。


今日はこのくらい。







◯今日の過去記事◯
www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com