ザザイズム

都内某所に生息するSE5年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

トルコ3週間、女ひとり旅のまとめ(2022年10月) :費用・物価編

トルコを約3週間(2022年10/6~10/29)旅した際にかかったお金を大公開。

厳密に記録付けていわけではないので内訳は概算。かつ世界有数のインフレ国家なので値段はガンガン変わるはず。支出総額と大まかな傾向だけ参考にしていただければと。




※文中のレートは次の通り。

1トルコリラ(TL) = 8円
1ユーロ(€) = 144円

航空券

総額182,700円
エティハド航空を利用。成田発・アブダビ経由・イスタンブール往復便。出発3週間前に予約した。

高い!ありえん高い!コロナ前なら超ハイシーズンの直行便買えそうな価格だよ!

乗り継ぎ時間が便利(2時間)、かつ1回まで予約変更可能・キャンセル時返金ありのチケットにしたぶん、最低価格から2万円ほど上がっている。結果論だけど3週間前予約ならキャンセル不可でも良かったかな……でもアフターコロナとはいえコロナ感染で乗れないリスク考えると16万そのまま予約する勇気はなかった……。



アブダビ泊ありの乗継長い便だともっと安くなる。ついでにアブダビ観光を組み合わせるのも良さそう。

本来エティハド航空は10時間から24時間までの乗り継ぎの場合空港ホテルが無料で提供されるはずなのだけど、トルコ発着路線には使えないとのこと。成田路線含む旅程なら使えないのかな?と思ったけど問い合わせていない。他にも48時間以上アブダビ滞在するなら無料~格安で市内ホテル泊まれるサービスもある。こちらもトルコ便で使えるのか不明。これらうまく使えばアブダビ満喫できそうだけれど、条件の確認は必要そう。
www.etihad.com
そもそもアブダビは観光地入場にPCR必須など条件付きなので、気軽にストップオーバーできるとは言いがたいけれど。


物価の傾向

コロナ前の情報はインフレと通貨安でまるであてにならない。2019年の情報からトルコリラ建てで約3倍、日本円建てで約1.2~1.5倍が相場の印象。もちろんこの平均に当てはまらない価格設定もたくさんある。

トルコリラ暴落したから安いかと思いきや、それを打ち消すレベルのインフレ(+円安)で激安の国とはいえない。アメリカやヨーロッパとかに比べたら相当安いのは間違いないけど。

物価上昇っぷりを2019年版の地球の歩き方記載の価格で比較してみた。
2019年段階では1トルコリラ(以下 TL表記)=19円換算で計算。

イスタンブール・トプカプ宮殿入場料(ハレム・音声ガイド込)

2019年 2022年 値上げ率
トルコリラ 115 TL 420 TL 3.6倍
円換算 2,185 円 3,360円 1.5倍

イスタンブールカード(イスタンブールの公共交通機関カード)

2019年 2022年 値上げ率
トルコリラ 6 TL 50 TL 8.3倍
円換算 114 円 400円 3.5倍

イスタンブール・メトロ乗車料金

2019年 2022年 値上げ率
トルコリラ 2.6 TL 7.67 TL 3倍
円換算 50 円 61円 1.2倍

イスタンブール→サフランボルの夜行バス

2019年 2022年 値上げ率
トルコリラ 80~100 TL 330 TL 3倍強
円換算 1,520~1,900 円 2,640円 1.3~1.7倍

イスタンブールカードとか何ごと?ってなる値上げ率。

こうして見ると日本円建てではなくドル・ユーロ建てならコロナ前と大差ない額になりそう。トルコ人はトルコリラを外貨・貴金属・仮想通貨にガンガン替えるそうで、日本もじきにそうなるのかなと思ってしまった。


滞在費・お土産費

総額273,107円

これは現地でのクレカ決済+現金キャッシング+ユーロ現金持ち込みの合計額。

内訳は下記の通り。

宿泊費

すべてネットで最低1泊は事前予約して飛び込みなし。

宿泊場所 宿名 部屋種別 泊数 支払い(円)
イスタンブール(ヨーロッパ側・旧市街) Good Night Hotel Istanbul 個室 1泊 5,625
イスタンブール→サフランボル - 夜行バス 1泊 2,582
サフランボル Hanedan Konak Otel 個室 2泊 7,788
ギョレメ(カッパドキア) Homestay Cave Hostel ドミトリー 3泊 5,311
カイセリ→ディヤルバクル - 夜行列車 1泊 4,493
ディヤルバクル Köprücü Hotel 個室 2泊 4,338
マルディン - Airbnb 2泊 12,027
シャンルウルファ Hotel Ugur 個室(共用バスルーム) 3泊 3,600(多分)
ガズィアンテプ Yunus Hotel 個室 2泊 4,633
イスタンブール(アジア側・ユスキュダル) - Airbnb 4泊 15,467
合計 - - - 65,864
平均 - - - 3,136

個室ばかりだったのでそれなりに出費している。南東部のドミトリー少なさ+海外旅行我慢していた分の気の緩み+体力消耗が原因。最後のイスタンブールくらいはドミでも良かったんじゃないかな……でも猫のいるAirbnbすごくリラックスできたしなぁ……と思う。

イスタンブールはやはり飛び抜けて宿泊費が高い。マルディンも最低額がだいぶ高い。それ以外はもう少し安いイメージ。

都市間・長距離移動費

夜行バス・夜行列車は除く昼便のみ。明記無ければバス利用。

経路 TL
イスタンブール空港→市内(旧市街) 67 536
サフランボル→バルトゥン往復 140 1,120
バルトゥン→アマスラ往復 40 320
サフランボル→アンカラ 119 952
アンカラ→ギョレメ 240 1,920
アヴァノス→カイセリ 60(多分) 480
ディヤルバクル→マルディン 150(多分) 1,200
マルディン→シャンルウルファ 200 1,600
シャンルウルファ→ガズィアンテプ 100 800
ガズィアンテプ市内→空港 40 320
国内線ガズィアンテプ→イスタンブール 854.98 6,896
イスタンブール市内(カドゥキョイ)→空港 74 592
合計 2,085 16,736

これもコロナ前と比べると安いとは言い難いが、距離を考えればまぁそんなもんかなという価格設定。

ギョレメ発着便は少なく価格設定高めなので特にイスタンブール発からならカイセリ経由すると安くなるみたい。

お土産費用

クレカ購入分が66,329円。現金での購入分はせいぜい6000円くらいだから合計72,000円くらい。かなり出費している。

そのほとんどをキリムじゅうたん・クッションカバーが占める(50,531円)。薬類も1万円分はまとめ買いした。けっこう特殊な例だと思う。


観光費

ここからはいよいよ現金払いメインで内訳追えないので概算。
逆算すると観光費 + 食費 + 市内交通費 + 雑費の合計は約115,000円

特に高いのが観光費。

覚えている限りで高額支出は下記。

項目 TL / €
カッパドキア気球 200 € 28,880
マルディン近郊ツアー 600 TL 4,800
カッパドキア レンタルバイク24時間 30 € 4,320
トプカプ宮殿入場料 420 TL 3,360
ドルマバフチェ宮殿入場料 300 TL 2,400

これら上位だけで43,760円。他にも細かい支出は数え切れないほど出費しまくっているから、60,000円は超えているはず。


食費

クレカに残る出費だけでも21,193円。他にも現金払い含めれば合計で40,000円くらいと推定。けっこう払ってる。

外食のグレードと価格帯は日本とそっくり。日本よりは気持ち安いかな?という程度。
ファストフード系のケバブで30~40 TL = 240~320円。
食堂とかの串焼きケバブ系で70~110TL = 560円~880円くらい。
イスタンブールやカッパドキアの物価高めエリアレストランだと会計が日本円換算1000円超えはザラ。もっと高級帯だと飲み物除くフルコースで350TL = 2800円のお店も見つけた。

トルコが日本に比べてあまり安くないというより、日本が相当安い国になってしまっている感じ。

果物やスーパーの物価は安い。食には適度なメリハリが必要そう。後半、名物をよくばりすぎて胃をいじめまくってめちゃくちゃ疲れてしまったので……。

トルコはお酒が結構高い。店で買うのもレストランで飲むのも日本の相場にそっくりな金額。
店で買うと500mlビールが28TL = 230円くらい。ちょっと良いレストランでグラスワイン頼んだら1000円するのも珍しくはなかった記憶。メイン料理並かそれを超えるレベルの価格帯。


市内交通費

値上がったとはいえ安い。

イスタンブール・シャンルウルファ・ガズィアンテプでは市内交通用のカードを購入する必要があった。イスタンブールは50TL = 400円、それ以外は確か15TL = 120円くらいのはず。

市内交通はバスなどでイスタンブール6~7TL前後、それ以外は5TL前後。南東部はチャージしてもけっきょくバス乗るハードル高くて20TL分くらい余しがちだった。


総支出

航空券+滞在費+お土産代総計で
455,807円。

めちゃめちゃかかったな!?

お土産代引いても30万円後半にはなる。お土産とか気球で高額出費あるとはいえ、安いイメージのトルコでこんな額出ていくのはけっこうびっくりした。私の旅史上の最高額が他でもないトルコとはこれいかに……。

コロナで我慢していた3年間の分、ドーンと行っちゃえ!というノリで少しずつ贅沢するとかんたんにこういう額になる。そんな一例として見ていただければ。





今日はこのくらい。


◯今日の過去記事◯

www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com