ザザイズム

都内某所に生息するSE5年目。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

旅行

日本は意味のうるささに溢れている

トルコから帰ったとき思ったこと。日本は静かで、うるさい国だなと。街の平均的な静けさでいえば日本のほうがダントツ上だろう。クラクションは少ないし、モスクのアザーンもなければストリートミュージシャンも少ない。バスに電車に所構わず響く通話の声も…

旅とお金と時間とを天秤にかけるべきか

旅行にかけるお金をどう考えればよいのだろう。トルコから帰って、台湾旅行計画を前に再び考えあぐねている。 航空券を検索せどもおトクとは感じられず。マイルにしたって燃油サーチャージが航空券並みにかかるからメリットがない。なんでこんなにコロナ前の…

台湾の航空券を買うか迷い続けて1ヶ月

2月か3月に台湾に行きたいと睨んでいる。11月末くらいからずっと考えている。時が経ったわりに航空券が大して上がっていない。燃油サーチャージのおかげか若干下げてから、売れて上げて横ばいという雰囲気を感じる。4月以降の仕事は確実に有休ぶっこんだりす…

せっけん香る石造りの街 トルコのマルディンが素晴らしすぎた

トルコを3週間巡った中で、いちばん気に入った街がマルディン。トルコの南東部、シリア国境にほど近い場所に位置する街。その歴史は紀元前4500年にも遡るとか。ベージュの石灰岩でつくられた歴史的な街並み全体が「野外博物館」とも称される。国内観光客には…

「ピスタチオの町」で本場のバクラヴァにまみれる@トルコ・ガズィアンテプ

トルコのスイーツ、バクラヴァの専門店が銀座にできたと話題になっていた。イスタンブールの有名店の支店なのだとか。www.fashion-press.net10月にトルコのガズィアンテプという町で本場のバクラヴァをいただいた。ガズィアンテプはトルコの南東部に位置し、…

海外旅行から帰ると、日本も海外のように見える

長めの海外旅行をすると、日本もまた新たな海外旅行の行き先のように感じられる。トルコ3週間旅行から帰った後の日本はとてつもなく新鮮だった。日常風景として埋没していた景色が旅先の色を帯びて訴えかけてきた。

イスタンブールで爆発、つい2週間前に通った場所でショック

イスタンブールの中心地、イスティクラル通りで爆発が発生とのニュースを見てびっくりした。 ついこの間までトルコ旅行をしていた。イスティクラル通りを訪れたのは2週間とちょっと前。見覚えあるなんてもんじゃない。ニュース見た瞬間ウワーッッッって声上…

トルコ旅行のお金事情(2022年10月):クレカ・ATM・両替

2020年10月にトルコを3週間旅行した経験から、トルコのクレカ・ATM事情や、アフターコロナ海外旅行のおすすめクレジットカードなどをメモしていきます。

アフターコロナのトルコ旅行、入出国・マスク事情(2022年10月)

つい先日、トルコを約3週間(2022/10/6~10/29)かけて旅行してきた。 アフターコロナでもう海外旅行はふつうに行けるのか?入国手続きやマスク事情はどうなっているのか?という疑問に答えてみる。

トルコ3週間、女ひとり旅のまとめ(2022年10月) :費用・物価編

トルコを約3週間(2022年10/6~10/29)旅した際にかかったお金を大公開。厳密に記録付けていわけではないので内訳は概算。かつ世界有数のインフレ国家なので値段はガンガン変わるはず。支出総額と大まかな傾向だけ参考にしていただければと。

トルコ3週間、女ひとり旅のまとめ(2022年10月):旅程・ルート編

トルコを約3週間(2022/10/6~10/29)かけて旅行してきた。 旅程をどう組んだかの振り返りを、旅程や移動のアドバイスとともにまとめてみる。

トルコ3週間旅行の中間報告。旅程・滞在費・感想

トルコ3週間旅行も残りあと1週間。あっという間なようでいて、これまでの旅の情報量が多すぎてまだあと1週間も残ってるの?という気持ちにもなる。 旅程の3分の2を終えた段階でいったんこれまでの旅程や支出、感想をまとめてみる。

トルコ出発前日なのに旅程を決められなさすぎる

ここではないどこか遠くに行きたいとずっと思ってきたけれど。どこかに行った瞬間、「どこか」は「ここ」になってしまうんだよなあ。だからこそ旅行計画はいまひとつ進まないもので。明日からトルコ3週間出発だというのに宿・交通手段は4泊5日分しか確定して…

女ひとりバックパッカー海外旅行の持ち物リスト

トルコ旅行に向けてひさびさの海外旅行荷造りをしている。過去の持ち物リストを眺めつつ、今回に向けたアップデート中。20カ国以上を訪問した経験から、3泊4日以上の女ひとりバックパッカー旅行に何を持っていっているのかをまとめてみた。

旅行記録用にTumblrを開設してみました

試しにTumblrを開設してみました。zazaizumi.tumblr.com旅行準備〜旅行中とかに記録しておきたいことをつぶやくマイクロブログが欲しくて作りました。

キッチリ計画旅行 vs 行き当たりばったり無計画旅行

トルコ旅行の計画をすべく、地球の歩き方とLonely Planetを手に入れた。地球の歩き方に至っては2019年版、完全にコロナ前の情報。物価やホテル、修復情報なんかは古くなっているんだろう。けれども、旅程のイメージをつかむには十二分に役立つ。遺跡や街がど…

3年ぶりに海外航空券を買うのが怖すぎた

やっと!トルコの航空券を取りました。本当に怖くて数時間ポチる勇気がまるで出なかった。3年ぶりの海外航空券。ヤヴァイ価格でした。アブダビ経由トルコ便で18万はちょっと昔じゃ考えられない額。7月に9月の航空券を予約したら10万くらいで済んだという情報…

トルコに3週間行ってくる(はず)

10月にトルコ3週間ほど行けそうです。1ヶ月切ってます。 航空券を早く取らないといけない。すごく焦る。でも、海外旅行ってどうやって計画するんだっけ???どのくらい旅程固まったら航空券取ってたっけ???と疑問符が浮かんで止まらない。鬼の8月が終わ…

「過程こそが旅なんだよ」

ロシアのオランダ人街に電車で旅しに行く夢を見た。 現実のロシアにオランダ人街はなさそうだし、そもそも今ロシア旅行は何重もの意味で行けない。夢なのに、要素要素が妙にリアルだった。海外旅行できていない今の身がかなしくなるくらいに。他人の夢の話は…

無計画な旅からしか摂れない栄養がある

無計画な旅がしたい。 都民割引を調べて時刻ピッタリクリック戦争に参加するだとか、Google Mapに行きたい場所のピンを打ちまくるだとか、そういったものからもかけ離れた旅がしたい。欲を言えば、空港で出発便一覧を見て、その場で行き先を決めて当日券を買…

海外はかくも遠くなりにき

ロシア・ウクライナ情勢に震えている。気づけばニュースを追いかけ回してしまっている。 寝る前にネットを見るだけでも刺激なのに、精神をゴリゴリ削っていくニュースを延々見続けるのは自傷行為だ。知るのも大事だけれど、ここまで錯綜しているとなると一定…

カザフスタンを旅して「ドクサイ」に触れた思い出

カザフスタンが今大変なことになっているという。政府による燃料値上げを機に大規模な暴動が起きている。カザフスタンは産油国で順調な経済発展をしてきた国。「中央アジアの優等生」とも言われていたのに驚きだ、という声もあるようだ。私は2017年にカザフ…

紅葉の京都に潜り込んできた

先日、京都にひとり旅してきました。紅葉のピーク時。いくらインバウンドがないとはいえ、とんでもない混雑だろうと思ってた。でも、あれこれ逆張りした結果、予想よりもはるかに快適に楽しめました。その時の印象深いところをピックアップして書いていきま…

アフガン情勢が他人事に思えない。国境の町を旅した思い出

アフガニスタンをずっと心配している。 この世界でこんなことが起きていいのかと。遠い場所の他人事には感じられなくて。4年前、ウズベキスタンとアフガニスタンの国境の町に行った。ウズベキスタンのスルハンダリヤ州テルメズという町。 www.zazaizumi.com…

GWに戸惑い、旅の空気に飢える日々

GWが始まった。あまり嬉しさはない。むしろ、空白をぬるっと唐突に突っ込まれたような気分で困惑する。ここ最近なにかと忙しかった。大半の時間はやるべきことで埋まっていた。そして突然つっこまれた空白。 やるべきことやりたいことはたくさんある。そろそ…

Radio Gardenが海外旅行に飢えた耳を連れ出してくれる

Radio Gardenというアプリにハマっています。世界中のラジオを聴けるアプリ。これが、海外旅行好きにはたまらなさすぎる。コロナ禍で旅行が途絶えた今、海外気分を味わうコンテンツとしては最強。しかも作業用BGMとしても本当に素晴らしい。その魅力とおすす…

旅行好きでもGoToしていないわけ

とうとう都民にもGoToキャンペーンが拡張されるそうで。 私は都民ではないから元々GoToできる。なんなら両親は長野に旅行してきてた。でも、結局使ってない。旅行どころか、日帰りの遠出だってしてない。そんな現状へのもやもや感を文章にしてみる。

幻と化したスペイン巡礼、いつか行ける日まで

スペイン巡礼カミーノ・デ・サンティアゴの番組を観た。約800kmの距離を1ヶ月程かけて踏破する旅。www4.nhk.or.jp母が録画していて「これ、あんたがいつか行こうとしてたところでしょ」と言われ。何ともなしに観始めた。最初は少し苦々しい複雑な思いがした…

初めてのひとり旅、八丈島の思い出

初めて一人旅をしたのは大学1年生、18歳の夏休み。閉塞感から逃避したい衝動に駆られて飛び出した。予定のよの字もない。免許合宿もなければバイトもない。周りの人々はこの上ない自由を謳歌している中、空虚な時間だけが過ぎていく。9月も半ば、新学期の始…

2019年をゆるく振り返ってみる

毎年恒例、今年1年の振り返りをしてみます。 2019年は中空飛行という感じの1年でした。派手ではないけど平穏といって良い1年。今年あったことを、時系列をあまり意識せずにつらつら思い返してみます。