ザザイズム

都内某所に生息する大学生。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや留学記録、旅行記などつづっています。

ブログ書けない病を発症しているわけ

f:id:zazaizm:20171104195505j:plain
ブログを2年近く書いてきた中で、最大級のブログ書けない病を発症している感覚。

どうしたものかとその心当たりを考えてみる。

思考の発散力が落ちた

前まで物事を見聞きしたり経験したりすると、「ブログにするならこうだよな」というアイディアが脳内にポンポンポンと浮かんできた。構成までだいたい脳内に描けた。
そういった一つのきっかけからガンガン膨らませていく力が急に衰えた。思考の発散力とでもいうか。

以前の「文章が書けない病」で「脳内の思考と文章の違い」をこんなふうに表現しました。

f:id:zazaizm:20160307000435j:plain

この左側図みたいに、思考のネットワークが網目状に広がっていかなくなったという感覚。
卒論等にもダイレクトに悪影響及ぼしている。ものすごい勢いで。まいった。



前までは発散しすぎて文章がえらい脱線したり長くなったりしたのに、最近はそういうことも減った。文章を書いていても、以前は「あれ、こんなにもう書いていたんだ」と思うことが多かったのに、今は「まだこれだけしか字数なかったっけ……」と思うことのほうが多い。

思考がポンポンと、ときにはとんでもない方向に飛んでいっていくのがわたしの一種のアイデンティティに近い部分だったはずなのに、それが機能不全って致命的なエラー。以前みたいに世界から色が消えたときの頭が動かなくなった感覚に近い。そういう世界から色が消える感覚には陥ってないはずなのに、なぜか頭だけが動かない。




脳内を巡るのは書けないこと

最近の出来事はここに書きにくい事柄ばかりだというのはそうとう大きな要因。

現在取り組んでいる最大のことは卒論。だけど、そのネタにしても地元のこと関連で調べてます……くらいのふわっとした描写以上をするのはちと悩みどころ。

公開してない話に伏せておく意味がどれくらいあるかって、実際はそんなにないんだと思う。大学名とか出して大学ネタで語ってもぜんぜん構わないだろうし、就活の話だってまだ書いてないというだけでそれ以上でもそれ以下でもない。ただ、そこから先がどうも浮かばない。今までブログに書いてこないようにしていた事柄を書こうと思っても、そういう発想で観察したり脳内に整理して収めたりしていないせいか、書きにくい。




淡々とした日々

地味にもほどのある日々です。卒論の調査して、文献読んで、考えて、ゼミ行って、買い物して、たまに友人に会って。昨日と今日との違いがわからなくなりかける毎日。それがブログに書くことガタ減りに拍車をかけている。


実家に戻ったから前みたいな一人暮らしネタは書けない。せっかくカメラを買ったのにピント調整に出しているためそのネタも書けない。ちょっと前に「せっかくだしカメラ使おう」という外出の後押しがないとほんとうに引きこもりになってしまうな……とわかった。カメラがなくったって行きたいところには行けばいいはずなのに。足がとにかく重くなってしまった。「卒論の進捗悪いやろ」と脳内の声が言ってくるのなんて、「大学5年目やろ、予定なさすぎたら逆に捗らなくなる事例はこれまで死ぬほどあったやろ、経験から学べや」って跳ね返せばいいはずなのに。

思えば趣味が停止しかかっている。
カメラは調整中。旅は春休みまでおあずけで、計画も同行者が見つからず進まない。自炊は実家帰ってからしにくくなってしまった。辛うじて写真のRAW現像が楽しいのと、ベルギービールにはいい季節になってきたくらいか。そりゃ毎日が地味にもなる。



ほんとうは自分はこの上なく自由なはずなのに。やるべきこときっちりやって、やりたいこともたっぷりやる。それだけの話なのに。両方に対する気力がガタ落ちしてしまっている。こんなに貴重な自由時間をいったいどうしてこんなふうに過ごせるんだろうと自分で疑問に思う。




やってみたいことリスト

仕方ないので自分が自由と仮定して卒業までにやりたいことを考えてみる。

  • 紅葉を撮る
  • イルミネーションを撮る
  • 日帰り温泉に入る
  • 久しぶりにご飯を土鍋炊きする
  • スペイン語を勉強する
  • 単焦点レンズを手に入れる
  • ディズニー1回は行っとく
  • ウユニ塩湖旅の具体的なプランを作る


……リスト作っている最中でさえ、ワクワク感をはるか遠くに置いてきてしまったような感覚。重症。


なんとかして立て直さなきゃ。というより、頭が立て直せないならとりあえず手と足を物理的に動かすことから始めなきゃ。そう思う。この記事だって、脳内ではまったく思考が広がっていないのを、指先で無理やり広げたような文章だから。そういう力任せの時期があってもいいと自分を許さねばならぬ。


そんなことを思いました。

今日はこのくらい。



◯今日の過去記事◯
www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com