ザザイズム

都内某所に生息するSE3年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

Flexispot E7を買うか迷い中。この世に低身長向け電動昇降デスクがない説

引っ越しを期に猛烈にデスクを探しています。
せっかくだから前から欲しかった電動昇降式のスタンディングデスクを奮発して買おうと検討中。

が、難しすぎる。私の体格に合うものが少ないにもほどがあって心が折れそう。

条件・候補

デスクの条件としては下記の通り。

  • せめて60cm強、できれば58cmくらいまで高さを下げられる
  • スタンディングデスク可能
  • 電動昇降式
  • デザインがあまりごちゃごちゃしていない
  • 色はホワイト
  • 天板奥行き70cm以上
  • できればモニタアームの装着可
  • できればキャスター装着可

で、今ほぼこれしか無いのでは?ってなっているのがFlexispot E7。

FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 高さ調節 人間工学 パソコンデスク ブラック ゲーミングデスク E7B

電動昇降式デスクとしては有名なメーカー。以前は電動デスクといえばここ一択だったのが、今はかなり選択肢が増えている模様。

ishichang.hatenablog.com

それだけ選択肢があってもFlexispot E7ほぼ一択なのは、最低高さの要件をまともに満たせるのがこれしかないから。脚のみの最低高さが58cm、天板込みだとだいたい60.5cm。次点がFlexispot E3の63cm、IKEAのベカント65cmと続く形。

しかも、キャスターつけるとなるとさらにハードルは上がる。だいたいどれも本体40kgとか重量あってちょっと移動するにもめちゃくちゃ重い。キャスターを付けると確実に+5cmは嵩上げされる。そうなるとたいていのデスクは厳密に言えばサイズオーバー。まぁ65cmとかなっても今使っている72cmと比べたら確実に楽なのだろうけれど。高いお金出してもまだ高さが高い……というのはちょっと悔しい。

調べた中でダントツで低いのは学習机モデルの55cm。こちらの紹介記事で興味を持ちました。

takashiski.hatenablog.com

ホワイトあるしめちゃくちゃ魅力的だったのだけど、今度はスタンディングには高さが足りない。無念。




世の中のデスク、高すぎる問題

世間で一般的に使われているデスクは72cmを基準に作られているそうです。JIS規格で決まっている高さなのだそうですが。
これ、全く日本人に合っていないと思う。

まずそもそも書き仕事前提の高さ。PC仕事は書き仕事よりだいたい5cmくらい低いほうが使いやすいそう。

いくつかPC基準で身長別デスク高さの計算機を試したところ、
72cmデスクをPC仕事で快適に使える身長、なんと182cm。サイトによっては192cm。
成人男性で180cm以上がそもそも全体の7%くらいしかいないそう。女性も含めたら日本人全体の3.5%くらいにしか合わない高さという計算になる。


これ、なかなかに狂ってない???

かの高身長だらけの国オランダで作った基準じゃないかというレベル。今の時代、というか、どの時代の日本でも合わない高さでしょう。

ましてや、平均身長以下(156cm)短足の私にはあまりにも辛い現実。




それでいて電動昇降デスクが各所から発売されてきた!ヤッター!高さ調節し放題!って思ったら72cmとか73cmスタートのモデルばかりなの、えっ……ってなる。それ、3.5%の人向けでは???と。

そういったスタンディングデスクは高さ120cmくらいまで上げられる。これも計算方法によるけれどPC作業なら身長193cmとか200cm超え向けのサイズ。
高身長の人には申し訳ないけれど……そこまで上げる???と思う。



構造的に最低高さが低いと最高高さを取るのが難しいのもわかるけど。
ノートパソコンとかだとそこまで低いと逆に使いづらいって人も多いんだろうけれど。
キーボードスタンドとか椅子の肘置きとかフットレストでどうにかしろとなるのかもしれないけれど。



肘置きのないイスで取り回しやすくて、
なるべく広い机にペタッと肘置けて、
フットレストなしでもちゃんと足が支えられて、
気分転換したければ高さを上げられる。
それらが自分の身長に合ったサイズで行える。


そんな理想がこの女性平均ちょい下だと叶わないのかな〜〜〜〜〜という壁にぶち当たっております。まぁ最低60cmくらいなら全然使えるし、キャスター付けて65cmでも致命的な不満はないだろうしきっと気に入ると信じてるけど。

安くないお金払う気でいてもこの選択肢のなさは悲しいなと思った次第です。


今日はこのくらい。















◯今日の過去記事◯

www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com