ザザイズム

都内某所に生息するSE5年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

トルコ出発前日なのに旅程を決められなさすぎる

ここではないどこか遠くに行きたいとずっと思ってきたけれど。どこかに行った瞬間、「どこか」は「ここ」になってしまうんだよなあ。

だからこそ旅行計画はいまひとつ進まないもので。明日からトルコ3週間出発だというのに宿・交通手段は4泊5日分しか確定していない。出発から1週間分くらい、特にカッパドキアみたいな一大観光地までは旅程と予約通しておこうと思ったのに。焦る。




イスタンブール→夜行バス→サフランボル泊・アマスラ日帰りは決定。その後が決まらない。
案はほぼこの2つに絞られるだろう。
1. アンカラ→アマスヤに立ち寄る→カッパドキア
2. アンカラ→カッパドキア直行




ここまでは多分決めるの難しくない。カッパドキア以降の案が一番困っている。

① 時計回りに地中海周遊。エイルディル・アンタルヤ→どこか地中海沿岸都市(オルデニズでパラグライダーあたりチャレンジ?)→ボドルム→エフェソス・シリンジェ→イズミルから国内線でイスタンブールに戻る。
② トルコ南東部開拓。シャンルウファのギョベクリ・テペが気になる。それ以外適度に回って国内線でイスタンブールに戻る。

イメージの固まり具合は①のほうが圧倒的に高いし情報量も多いし言ってみれば無難。かといってがっかりする確率も低そうな、安定に楽しめそうなエリア。

②の解像度が低すきるのだけど、穴場・秘境感が強そうで気になる。外国人観光客率が少なそうとでもいうか。開拓感があって現地の人との交流重視したいのなら魅力的なエリア。ギョペクリ・テペが気になる。
courrier.jp


気分で決める自由 vs 決まっている安心感

2週間後どころか1週間後に異国のどこにいるのか。だいたいの方向性も決められないのなかなかに重症の優柔不断だ。中央アジアのときもタジキスタン行けないかな~とか結構長々と思っていた記憶があるし。どこまで無計画が許されるかチキンレースを攻めがち。




なんでこんなに予約が進まないかというと、まず細かい選択肢を調べ上げるのが大変。アンカラ泊するかとか。首都のバスターミナルから市中に泊まってちらっと観光してまた移動するのってたぶんけっこう面倒くさいんだろうなぁって思ってしまう。調べた感じそこまで難しくないかも?と思い始めているけれど、そういう調査をひとつひとつしていくのはなかなか時間がかかる。

ぎりぎりでもなんとかなってしまうのでは?という気持ちもある。そもそもハイシーズンではないだろうし、イスタンブール・カッパドキア以外の地方ならバスも宿も焦らなくてもいいのではないかと。カッパドキアは焦ったほうがいいね、たぶん10月でも人いるだろう。

あと天気も気になる。10月は少しずつ雨が増えてくる。といっても月平均4~5日しか降らないみたいだけれど、特にカッパドキアとかで雨降られるとバイクで回るのが難しい。調整の余地を残したほうが良さそうに思う。しかもすでに土日のサフランボルめっちゃ雨予報。アマスラをパスするかもしれないな。

きっと一番の理由が、その時の気分で決めるという自由を失いたくない。現地でリゾート観光地っぽいところまだまだ行きたくなるのか、それとも開拓したくなるのか、どっちの気分に振れるのかわからない。地中海の小さな町を開拓していくのも楽しいだろうけれども。情報の少ない南東部を開拓するもやはり魅力的。どちらにせよThe観光地に出ずっぱりしたくないという気持ちは共通していて、それをどう実現しつつ大観光地でも行きたい場所に寄るかだなあ。欲張りでは???3ヶ月じゃなくて3週間だよ???って思ってしまうけれど。





迷いをいい加減踏み切りたいところ。決めないなら決めないという決断をするのも大切だよなと。



今日はこのくらい。







○今日の過去記事○

www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com