ザザイズム

都内某所に生息するSE2年目。2016年夏〜2017年冬にオランダに半年留学してました。日常で考えたことや旅行記などつづっています。

虫歯を機に歯列矯正しようとしたら前歯が死んでいた話

銀歯の下が虫歯になり、神経を抜きました。これまで虫歯はたくさん作ってきたけど、神経を抜くのははじめて。

これを機に歯のメンテナンス意識が急上昇。かねてより気になっていた歯列矯正をはじめてみようか、と思ったら。とんでもないことになりました。

実は難しい歯の神経治療

いろいろ調べてみたところ、実は神経の治療(根管治療)は非常に専門性の高い難しい分野で。不適切な治療だと再発率がとても高くなるみたい。初回の治療が肝心。でも、日本では不適切な治療が横行しまくっていて、諸外国より異常に安く済む代わりに再発率が高いらしい。

というわけで、今までのかかりつけ歯医者はやめ、根管治療の専門医を探し出して通ってます。今のところ経過は順調。治療後1週間程度続くと言われた歯痛頭痛に苦しんではいましたが、虫歯に苦しんでた頃とは違い「ここならきっと大丈夫だろう」というポジティブメンタルに支えられているのでまだずっと気が楽。



矯正歯科で告げられた衝撃の事実

専門医にきっちり治してもらっているとはいえ、根管治療した歯はどうしても寿命が短くなりやすい。
もしかすると、この歯を抜いたら昔から気になっていた八重歯を引っ込められるのでは?しかもマスク文化はしばらく続きそうだし、旅行できない分お金は貯まってるし、良い機会では?と思い立ち、歯列矯正をしようと決意。

さっそく矯正専門歯科に初診相談めぐり。2件目で衝撃の事実を知らされる。
右上の犬歯が生まれつき生えていないと思っていたら、実は前歯の上の歯茎の中に埋まっていた。そして犬歯が前歯の根っこを8割方侵食しており、もう歯として使い物にならない状態だとのこと。

あまりにも衝撃的だった。前歯がひっそりとダメになっていたという事実も衝撃だけど、そんな大問題がこれまで指摘されてこなかったことに本当に衝撃を受けた。
小さい頃から歯医者に通いまくってきたのに。虫歯になったことのない奥歯はほとんどないくらいで、レントゲンだって当然何度も撮ってきたのに。いちばん通った歯医者以外にも大学近くとか今回の虫歯治療で合わせて4件の歯医者に行って、すべてレントゲンを撮ってきたのに。誰も指摘してくれなかった。

かねてよりの歯医者不信が大爆発した。小さい頃からのかかりつけ医にはもう二度と行かない。こんな大問題、ふつう10代で指摘されて治すはずなのに。見逃された挙げ句この年で前歯を失うとかあまりにも許しがたい。指摘されてから数日はショックで眠れなかった。

前歯以外にもかみ合わせの問題を多く指摘された。八重歯さえ治ればと思っていたけど、今のかみ合わせを放っておくと奥歯もじき次々にダメになっていくと言われた。

小さい頃、かかりつけ医に言われた言葉をやたらと覚えている。「このかみ合わせで安定してるのなら無理して変えなくてもいいと思います」
あまりにも大嘘つき。大人になってからの矯正で変えられる範囲は限られる。私の症例だと特に大人だと矯正しても後戻りしやすいパターンらしく。悲しいにも程がある。

これから先どうするか

幸運なのは矯正のカウンセリング段階でこの事実を知れたこと。カウンセリングでレントゲン撮るところは多くない。
そして、ここにしても良いんじゃないか、と思えそうな矯正歯科のアテがつき始めていること。症状が症状だから大学病院ほかまだ何件か相談してみる予定だけど。既に相談した歯科医を超えるところはかなり見つけにくいんじゃないかと直感している。
調べてみると矯正医はほんとうにピンキリで、失敗して矯正やり直しで費用2倍、なんて例もある。恐ろしい。既に矯正を始めている友人のおかげで情報収集が大変やりやすくなったのもとてもラッキー。

こうやって幸運なことをひとつでも多く数えて乗り切るしかない。

歯列矯正用に別館ブログを作るか悩む。バイク教習と同じく、このブログに書くにはピンポイントな話題が多すぎるんじゃないかと。総期間は4〜5年程度になりそうで、記事も相当量になりそう。悩ましい。




悩みつつ、今日はこのくらい。


○今日の過去記事○
www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com


www.zazaizumi.com